知らなきゃ損する!? 渋谷区恵比寿のハーツ会計事務所の節税対策マメ知識

渋谷区恵比寿駅最寄の税理士、ハーツ会計事務所。当事務所は節税対策を始め、会社設立、資金調達、相続対策など、幅広くご支援しております。お気軽にご連絡ください。

月中で死亡した後の役員報酬は非課税?

役員報酬は包括委任にかかる対価なので、月中で死亡した時には日割り計算ということはなじまないとされています。 
従って、該当月分を全額支払ったとしても、全額損金になります。
また、最後の報酬は、相続開始日現在においては、支給期の到来していない給与として相続財産に含まれる一方、所得税は非課税となるんです。
間違って、それまでと同様に源泉徴収しないように気を付けくださいね!
なお、年末調整は支給時期が到来している分で行いますからね~。
 
 

※※ 詳しくはハーツ会計事務所までお問い合わせください。

ハーツ会計事務所のHPはこち
http://haats.tkcnf.com/

ハーツ会計事務所のfacebookページはこち
 「いいね」をクリックして最新情報をご入手ください。
https://www.facebook.com/haats.tax

ハーツ会計事務所のブログはこち
http://haats-ao.hatenablog.com/

ハーツ会計事務所のtwitterこち
https://twitter.com/Haats_ao

固定資産の収益計上時期っていつ?

固定資産を譲渡した場合の収益計上時期は、原則として「引渡基準」によります!!
但し、土地等である場合に、その引渡しの日がいつか明らかでない時には、次のいずれか早い日にあったものとすることが出来ます。
①代金の相当部分(おおむね50%以上)を収受するに至った日
②所有権移転登記の申請をした日 
さらに、契約基準である契約の効力発生日に計上することも出来るんです!
 
もちろん継続適用が要件にはなりますので、都度選択して変更するのはダメですよ!
 
 

※※ 詳しくはハーツ会計事務所までお問い合わせください。

ハーツ会計事務所のHPはこち
http://haats.tkcnf.com/

ハーツ会計事務所のfacebookページはこち
 「いいね」をクリックして最新情報をご入手ください。
https://www.facebook.com/haats.tax

ハーツ会計事務所のブログはこち
http://haats-ao.hatenablog.com/

ハーツ会計事務所のtwitterこち
https://twitter.com/Haats_ao

社葬の場合に受け取る香典は会社の収入?

最近事業承継の話題も多いですが、実際に先代社長が亡くなった時に社葬を行うと課税処理はどうなるかご存知でしょうか?
死亡した役員等の地位や会社への功績等を勘案して、社葬を行うことが相当であるり、かつ、その費用が通常要すると認められる金額であれば、社葬費用は会社の損金となるんです! 
ただし、あくまで会葬費用だけですので、墓石や戒名料などは対象外ですよ。
 
さらに、香典を遺族の収入とすれば会社の収入としないことが認められています。遺族が受ける香典収入はもちろん非課税ですよね。
 
 

※※ 詳しくはハーツ会計事務所までお問い合わせください。

ハーツ会計事務所のHPはこち
http://haats.tkcnf.com/

ハーツ会計事務所のfacebookページはこち
 「いいね」をクリックして最新情報をご入手ください。
https://www.facebook.com/haats.tax

ハーツ会計事務所のブログはこち
http://haats-ao.hatenablog.com/

ハーツ会計事務所のtwitterこち
https://twitter.com/Haats_ao

海外渡航費で多少の観光は旅費としてOK?

同業者団体等の海外渡航費については、原則として、業務遂行上必要と認められる部分と、そうでない部分と区分して、業務遂行上必要と認められない部分はその方の給与とされます。
必要なのかどうかは、旅行の目的、旅行先、旅行経路、旅行期間等を総合勘案して実質的に判定するものとすることとなっています。
 
具体的には、旅程の日数に応じて「業務従事割合」を算出して旅費とすることになりますが、実は、この業務従事割合が90%以上となる場合には全額を旅費として処理してOKなのです!
また、一定の要件のもと、往復の旅費は全額を旅費として取り扱うことが出来ます。
 
観光がある場合には、日程等の疎明資料をキチンと揃えて問題にならないようにしましょう! 
 
 

※※ 詳しくはハーツ会計事務所までお問い合わせください。

ハーツ会計事務所のHPはこちら
http://haats.tkcnf.com/

ハーツ会計事務所のfacebookページはこちら
 「いいね」をクリックして最新情報をご入手ください。
https://www.facebook.com/haats.tax

ハーツ会計事務所のブログはこちら
http://haats-ao.hatenablog.com/

ハーツ会計事務所のtwitterはこちら
https://twitter.com/Haats_ao

野球のシーズンシートはいつの経費?

得意先への接待目的等で野球のシーズンシートを購入する場合もあるかと思います。
購入した時点では観戦もしていません(役務提供を受けていない)ので、いつの経費になるか気になりますよね?
 
原則は、実際に役務提供を受ける日、つまり観戦の日です!
ただし、中途解約はできないので、接待等のあった日として交際費等に直接関連する行為のあった「開幕日」に経費計上することも出来ます。
支払日と開幕日が違う事業年度となる場合は注意してくださいね!!!
 
 

※※ 詳しくはハーツ会計事務所までお問い合わせください。

ハーツ会計事務所のHPはこちら
http://haats.tkcnf.com/

ハーツ会計事務所のfacebookページはこちら
 「いいね」をクリックして最新情報をご入手ください。
https://www.facebook.com/haats.tax

ハーツ会計事務所のブログはこちら
http://haats-ao.hatenablog.com/

ハーツ会計事務所のtwitterはこちら
https://twitter.com/Haats_ao

中古車購入時の自動車税にも消費税?

中古車を購入した際に、車両本体価格とは別に未経過分の自動車税が区分して表示されている場合に、税金として消費税を不課税処理していませんか?
以前に不動産の売買時の未経過固定資産税について記載しましたが、それと同様の取り扱いですからね。
自動車税はあくまで4月1日現在の所有者にかかる税金ですから、自動車税相当額は購入代金の一部で消費税課税処理となります。
 
一方でリサイクル預託金は、預託金の譲渡ですので金銭債権の譲渡として非課税となりますので要注意です! 
 
ちなみに、自動車"取得税"は取得者の税金ですから一緒にしないでくださいね~!
 
 

※※ 詳しくはハーツ会計事務所までお問い合わせください。

ハーツ会計事務所のHPはこちら
http://haats.tkcnf.com/

ハーツ会計事務所のfacebookページはこちら
 「いいね」をクリックして最新情報をご入手ください。
https://www.facebook.com/haats.tax

ハーツ会計事務所のブログはこちら
http://haats-ao.hatenablog.com/

ハーツ会計事務所のtwitterはこちら
https://twitter.com/Haats_ao

金券ショップで購入した印紙には消費税が?

通常、印紙を法務局や郵便局で購入した場合には非課税仕入として処理しますよね。
 
しかし、金券ショップで印紙を購入した場合には、一般的な物品の購入と同様に課税仕入れとなるんです
非課税となるのは郵便局や簡易郵便局法に規定された委託業者の販売に限られているからです。
 
消費税を考えれば金券ショップで購入した方が有利かもしれません
なお、コンビニも非課税との取り扱いなる業者に指定されている事がほとんどですので注意してくださいね!
 
 

※※ 詳しくはハーツ会計事務所までお問い合わせください。

ハーツ会計事務所のHPはこちら
http://haats.tkcnf.com/

ハーツ会計事務所のfacebookページはこちら
 「いいね」をクリックして最新情報をご入手ください。
https://www.facebook.com/haats.tax

ハーツ会計事務所のブログはこちら
http://haats-ao.hatenablog.com/

ハーツ会計事務所のtwitterはこちら
https://twitter.com/Haats_ao